山田真先生の予防接種学習会

2016年6月7日 14時04分 | カテゴリー: トピックス

「山田真先生と一緒に考えよう!ちょっと待った、予防接種!本当に効くの?」と題した学習会を5月21日(土)稲城市立ⅰプラザにて開催しました。

30名ほどの参加者の皆さまから多くのご感想をお寄せいただきました。抜粋してご紹介させていただきます。IMG_2800

 

 

 

 

◎定期接種のワクチンを打たない、という選択があるのか!という感想です。副作用のことや、1000人に1人が難聴になるかもしれない・・・こういったことを計りにかけることは我が子で考えると、とても難しいと感じます。副作用の怖さをもっと みんなが聞くことができなければ、ワクチンを打つ人は減らないだろうなと思いました。(20代)

◎人の祖先が細菌だったということ。片利共生はない。など、細菌という側面からのお話、とても分かりやすかったです。娘にはワクチンを受けさせていません。今後のことを考え、理論武装しなくてはと改めて感じました。今日は勉強させていただき、ありがとうございました。(40代)

◎ワクチンのこと以外にも、細菌のことなど興味深いお話でとても勉強になりました。子どもにはワクチンを打っていないのですが、自分では納得して選んでいるつもりでも、病院や知人に言いづらいかったりするのですが、間違いではないなと思えました。(20代)

◎今まで、法律で決められた(?)絶対に(?)受けなければならないもの以外、親子とも受けて来ませんでしたが、実際、インフルエンザにかかったこともなく(親子とも)風邪もほとんどひかず、アレルギー等もない。先生のお話を伺って、間違っていなかったのだと思いました。免疫力を高める生活を第1にしていきたいと思います。(40代)        ※法律で絶対に受けなければならないとは、決められていません。

◎予防接種はできるだけ受けないようにしてきましたが、全く受けないと生きづらい世の中であるというお話は、ショックでした。お医者さんの立場から、「BCGは廃止になるでしょう」や「NOワクチンの子で大変なことになった子はいない」など、聞けて良かったです。(30代)

◎添加物、副作用の点で、接種させたくないと思いつつも、周りに流されるような形でついつい受けてきましたが、しっかりと選択して子どもにも話してあげられるように責任を持って行動したいと思いました。(40代)

◎インフルエンザ予防接種をしないと非国民…のような圧力を感じて、今まで家族全員接種していましたが、今日先生のお話を聞いて安心しました!これから堂々と接種しません(笑)。山田先生のお話をきけて本当に良かったです。もっと色々な角度から色々な物事を見つめられるよう、偏った考えをしない人間になりたいです。(30代)

◎保育園で0歳児を担当しています。自分が子育てをしている頃よりたくさんの予防接種があり、戸惑います。接種後に体調を崩す子どもが多いのが気になります。(40代)

◎TPPになり、添加物の入った外国産のワクチンが入ってくるのが怖いです。予防接種の結果が進学とかかわってくるというのは、驚きました。国とワクチン会社と医者の癒着が恐ろしいです。(40代)

◎とてもおもしろかったです。製薬会社と政府、米国との関係など怖いですね。(TPPも怖い)   もっと日本の政治変わってほしいです。原発、遺伝子組み換え、農薬、TPP 問題がたくさんですね。(50代)